Sun 11/11, 2007

SD カードを SH2 マイコンで(4) [Electronics ]

4ヶ月のご無沙汰で前回の続き。SH2 マイコンに MMC (SDカード)と MP3 デコーダをつないで MP3 プレーヤに仕立てる実験。回路のほうは MP3 デコーダ基板からバッファに入る前のシリアル出力信号を引き出すことで MMC からの出力信号と共用する。ソフトウェアは、それぞれのテストプログラムを継ぎ接ぎして、MMC から少しずつ読み出しては MP3 デコーダに送る。

適当にでっちあげたプログラムを実行してみると音が途切れ途切れになってしまう。MP3 デコーダへのデータの転送速度が間に合っていない。と言うよりは MMC からの読み出しが遅い。クロックが上がらないこともそうだが、元にしたサンプルプログラムの処理効率が悪い。まあこれは基本的な処理手順の説明を目的としているのだし、文句を付けるような筋合いではない。しかし、MP3 デコーダと MMC とでシリアル入出力を共用しているから割り込みを使って並行動作させることもできないから、やはり手抜きをせずに書き直してみよう。と言う事で次回に続く。

Posted by masato at 07:04 PM
このエントリーのトラックバックURL: http://bird.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1459
コメントする

おそらく携帯電話等からは投稿できません。日本語文字列を含まないコメントやトラックバック、および当サイトへの言及を含まないトラックバックは御遠慮いただいております。また、90日以上経過した記事へのコメントはできません。










名前、アドレスを登録しますか?